RKK熊本放送

いいことあるぽRKK

熊本のニュース


情報受付 096-355-2031(報道部) news@rkk.jp

県道熊本高森線4車線化が都市計画審議会で承認
2017年01月20日 20:07 現在

熊本地震からの復旧復興としても位置づけられる
県道熊本高森線の4車線化についてきょう県の都市計画審議会が承認し、
近く決定される事になりました。

この道路の拡幅に益城町民は賛否、分かれています。

県道熊本高森線は交通量が多いことや熊本地震で一部が
通行止めになったことなどから
県が、3.5キロに渡る4車線化を計画しています。

県は、用地の買収だけでなく沿道近くの土地の持ち主を入れ替えるなどして
区画の再編を進めることにしています。
審議会では委員から「本当に区画再編ができるのか?」という
質問が出たということですが
「住民らの意向を聞いたうえ商工会などと相談しながら進めていく」
と答えたということです。

県は今年度中の着工と10年以内の工事完了を目指すとしていて
町の商工関係者は道路の幅が広がるまでに
「店の再建が遅れる」など不安を口にします。

まちづくり益城 熊宮敏紘さん
「県が示す事業期間が10年で、沿線事業者は
その10年間どんなスケジュールで(再建するか)一番不安」
「(店の再建も)道路の計画で一旦ストップし、
また一からなので皆さんそれが大変不安」

また、復興市場の商店では。

復興市場屋台村の製茶販売店
「4車線化してスピード増して車が通り
「通り過ぎられる」イメージが無きにしもあらず」

もちろん歓迎する声もあります。

住民
「広い方がいいですよね。(歩道が)もう少し広いと自転車も通りやすい」
県道を利用する熊本市民
「4車線になれば嬉しいけど、相当時間かかりますよ銀行もあるし
病院もあるし立ち退くのは」
住民「交通量が前より増えたのは感じるので
車線が増えることは嬉しいけれど家も建ってる状態で
車線を増やすのは難しそう」

益城町の西村博則町長はRKKの取材に
「復興に向け一歩を踏み出した。
住民の様々な意見に丁寧に対応しスピード感を持って全力で取り組む」
とコメントしました。


ニュース検索(過去2週間)

情報受付

096-355-2031(報道部) news@rkk.jp
096-355-2031(報道部)
news@rkk.jp

ページトップ

©  RKK 2017